顔の脱毛エステでのメイク事情

MENU

今気になっているのが顔の脱毛

これまでいろいろな部位の脱毛をしてきましたが、今気になっているのが顔の脱毛です。

 

一度、顔のシェービングをしてもらったことがあるのですが、顔の産毛をプロに剃ってもらったら化粧ノリや顔の明るさが全然違いました。産毛が残っているとファンデーションのノリがイマイチだし、シェービングの後の方が顔が断然明るかったです。顔の脱毛をすればアレを持続できるのかと思うと、心惹かれます。

でも顔の脱毛エステは、なんとなくちょっと怖い気もしたり、メイクってどうするんだろうとかがわからなくて、なんとなく後回しにしてきたんですよね。でもやっぱり、眉のいらない毛を剃ったあとの黒いぶつぶつとか、口周りのうすいヒゲとかが気になっているので、ちょっと顔の脱毛エステを受ける際のメイク事情について調べてみました。

 

大抵の脱毛サロンでは、メイクをしていくことが前提として考えられているようで、メイク落としのできるパウダールームなどがあるようです。心配な場合は、申込みの際にサロンに確認しましょう。

 

また、施術後ですが、保湿の面から考えても、大抵の場合はメイクOKのようです。(こちらもサロンに事前に確認する方が確実ではありますが)また、もし太い毛などがあり痛みを感じるようであれば、その日のメイクは避けるように指導されるかもしれませんが、それもその日だけとかのようです。翌日からの仕事にスッピンで行かないといけないなんてこともないようです。