脱毛効果を高める肌とは

MENU

「日焼けをしてはいけない」

脱毛エステに通う際には、「日焼けをしてはいけない」と聞いたことはありませんか?あれは、脱毛エステの施術の仕組みに関わっています。

 

脱毛エステの多くは、光やレーザーを当てますが、これは黒い色素に反応するようにできています。毛の黒い部分に当てることで、根毛の組織などを壊して毛が生えないようにしていきます。(逆に、白髪や金髪には反応できる黒い色素がありませんので、脱毛の効果がありません。)肌が白いとそれだけ毛の色素との差が大きいですね。逆に、肌が日焼けなどで黒くなっていると、毛だけでなく肌まで反応してしまいます。

肌にダメージがあってはいけないので、必然的に、日焼けした肌には光やレーザーのレベルを低くして施術しなくてはいけなくなります。ほくろから生えている毛などは処理できないのも同じ原理ですね。

 

また、施術後の保湿の重要性については前の記事でも書きましたが、エステでの施術の前の保湿も、施術の効果を高めるためには大事なんだそうです。というのも、保湿されている肌は乾燥して弱っている肌よりも強いですから、痛みなどを感じにくいですし、肌トラブルなどのダメージも出にくいので、施術のパワーを上げることができるということのようですよ。

 

せっかく脱毛エステに通うのですから、高い効果を期待したいものです。そのために、日焼けしないことや保湿など、自分でできることは頑張りたいですね。